2012’ピアノ発表会

12月16日(sun)ピアノ発表会でした。

発表会前最後のレッスンは皆、緊張していたのか?!
おかしな行動ばかりの子たち。
ピアノを弾くのではなく、弾く曲の解説を読んでみたり...

お客さんがいないからと壁にお客さんを作ってみたり...
a0222667_9351293.jpg


おもしろいな〜みんな♡

当日は全員、立派に演奏することが出来ました。
出番を待つ姿は固まってて、話しかけてもひとことも発しない子どもたち。
でもでも、みんなたくさん練習したから大丈夫。

今回はなんと言っても丹羽 肇
氏との共演!!これはとてもとても貴重な体験です。
リハーサルからお世話になりました。
丹羽さんはとっても暖かい人です。子どもたちにもひとりひとり、上手だよと声をかけて頂いて。
今回、Jazzセッションを希望した生徒たち(私の生徒は殆どみんなですが..)は本当に楽しんでました!
それをみてる、親もおじいちゃんおばあちゃんもホントに楽しかったです!と沢山の方々から嬉しいお言葉をもらいました。

小さな頃からこうやって、本物に触れることがどれだけ大切かを知っている私にとっては羨ましい限り!!

だから、ではないけど、恥を忍んで(笑)先生もでるーーーーー!
といって、勢いで、私も丹羽さんと演奏しました。あははーー
いや〜楽しかったです。
なんといってもプロですからね。
なんといっても生弦ですからね。
わたしの大好きな大好きな生弦の音。
ピアノを弾きながら、丹羽さんの弾くベースの音が床からずんずん響いてくるのがたまらなかったです。コントラってホントに大きくて、持ち運びも大変!私の身長をはるかに超えて、ちょっと持たせてもらったけど、全然弾くことができない。。とても難しい楽器です。
丹羽さん、本当にありがとうございました!!
a0222667_9434283.jpg


そして、なんにでもjazzにしてしまうありとあらゆることを受け入れ、そのままを全て編曲してくださった寺嶋氏にも大感謝!!
ありがとうございました。

当日は私も忙しくて、みんなとゆっくりお話ができなかったけれど、
後日のレッスンでは発表会のお話で盛り上がってしまい、レッスン時間がほぼ、
発表会の話で終わるという。
それほどに、今回は、親御さん、祖父母のみなさんたちが喜んで下さいました。
うちの息子or娘があんなことできるなんて!!と。。
演奏した本人ももちろんのこと、楽しかった!
という、その言葉とその時の笑顔が、こうやって先生をやってる私にとって、なによりも嬉しい瞬間です。

a0222667_9555840.jpg
a0222667_956281.jpg



今回、出場できなかった生徒も次回はゼッタイ演奏したい!といまから気合い入ってます。

みんな、本当に良く頑張りました!!
ありがとう!!!!


そして、最後には4歳児にプロポーズされる。
a0222667_9585760.jpg


「先生、ありがとう!僕ね、大きくなったら絶対、先生と結婚する!!!僕が選んだお花あげるよ」

なんとまあ!びっくり!
「ありがと〜う!」と思わずぎゅーっと抱きしめてしまいました。
「そうやね〜でも、先生、おばあちゃんになっとうけど、いい?」

「おばあちゃんはいややーーー。」と走って逃げて行く....


もうね、ほんとに、こんな私に「好き」といってくれるのhくんだけだよ。
あたしゃ、嬉しかった本当に♡

なので、おばあちゃんにならないように、これからも頑張ります!!
[PR]
by takapiano | 2012-12-20 09:50 | ピアノ
<< 2013年 コトリグラフ スタート 娘たちの夢だった >>